【freee超入門】わからないときの電話とチャット

自分の事務所の経理をfreeeでつけています。

まず自分で使わないとわからないと思い、初年度はマネーフォワードを、

2年目はfreeeを使い、それから今まで使い続けています。

行き詰まったらチャットとヘルプページで乗り切るのがおすすめです。

初めてのソフトのサポート体制は気になる

会計ソフトは操作が難しいです。

ベースに簿記や消費税があり、その上で各ソフトの操作方法があるためです。

わたしも支援先が初めて見るソフトを使っていると、

わかるかな?と内心ドキドキします。

ソフトへの入力方法も、以前は仕訳か出納帳か伝票、みたいな感じでしたが、

クラウド会計が登場してからは、入力方法も多様になっています。

だから経理をするひとは、特に初めてのソフトをさわるときは、

操作がわからないときに助けてくれるサポート体制が気になります。

freeeのサポート体制は料金によって異なる

freeeのサポート体制は、プラン=料金で違います。

個人と法人の料金とプランを貼っておきます。

個人事業主向け料金プラン | クラウド会計ソフト freee
無料からはじめられて、低価格で利用できるクラウド型会計ソフト freee (フリー)。個人事業主様のニーズに合わせた3種類のプランをご用意。確定申告をとにかくカンタンに終わらせたい方から、日々の経理業務を効率化したい方、多くの従業員を抱える経営者など様々な規模業種業態の方にご利用いただけます。
法人様向け料金プラン | クラウド会計ソフト freee
無料からはじめられて、低価格で利用できるクラウド型会計ソフト freee (フリー)。中小企業の法人様向けに2種類のプランをご用意。会社規模や経理スタイルに合わせてお使いいただけます。

個人だと、電話サポートはいちばん高いプレミアムのみ。

法人は、真ん中のベーシックから電話有り。

そして、メール・チャットサポートはすべてのプランで付いています。

結論から言うと、わたしはチャットサポートがあれば、

電話サポートは不要だと考えています。

freeeのチャットサポートがあれば、電話サポートはいらない理由

理由は3つあります。

① 電話サポートが使いづらいから

② チャットサポートが使いやすいから

③ freeeヘルプセンターが充実しているから

1つ目はネガティブな理由です、電話サポートは正直使いづらいです。

わたしも、最初ビビって電話サポートに入りました。

電話かけようとしたら、いくら探しても電話番号がない。

チャットで電話サポートのかけ方を聞きました。笑。

そしたら電話サポートは、電話をかけるのではなくて、電話の予約をすると、

予約した時間に電話がかかってくるというものでした。

しかたなく電話で予約をしたら、わたしが予約したときは

最短の予約日が1週間後!

いくらなんでも遅すぎでは?

そのときはたまたま混んでいたそうですが、

でも、問合せが集中する時期はみんな一緒ですよね。

経理のひとが月末の処理をしていたら、来週では間に合いません。

1週間後に予約した電話がかかってきましたが、

その時たまたま別の用が長引いて取れませんでした。

これは時間の無駄では?と感じ、以来電話サポートはしていません。

かりに電話の返信が翌日でも、使いません。

今わからないことが翌日までストップ、

しかも電話を待つなんて感覚的に耐えられないので。

2つ目、チャットサポートが使いやすいです。

ソフトを開いて右下のタブに書き込むだけです。

チャットサポートも待たされますが、数分から数十分でつながります。

(今年はコロナで対応者が減ったうえに、電子申告が推奨されて

確定申告時期は混乱したかもしれませんが)

チャットは文書に書き起こすので、電話よりもわかりやすいです。

クラウドなので、相手もデータを見ながら対応してくれます。

チャットのやり取りは、すぐにメールで送られてくるのであとからゆっくり見直せます。

最後に、freeeのヘルプセンター=web上のマニュアルがわかりやすいです。

ヘルプセンターはココです。

freee ヘルプセンター

たとえば、よくある預金残高のズレが起こった場合の回答ページです。

銀行口座の残高ズレを解消する
一般的に、通帳残高や、決算報告書で表示させる帳簿残高を「残高」と云い、会計処理ではこの二つの残高を比較し付け合わせます。 会計freeeでは、銀行口座において、取引登録したものが会計帳簿の残高金額となります。ここでは、会計freee上で表示できる残高について解説します。 「登録残高」:登録し記帳された金額から算出し...

これの何がわかりやすいのか。

まず、これまでのソフトのマニュアルは紙やPDFが多かったです。

そうすると、探すのが大変でした。

そして、紙やPDFは一度作成したら、修正ができません。

的外れのマニュアルは的外れのままです。

ヘルプセンターはwebにあるので、日々更新されます。

ソフトウェアの更新や、わかりにくいという意見に応じて、

作り直された最新のマニュアルを見ることができます。

言葉でわかりにくものは、動画のリンクが貼ってあります。

わたしが見たなかでは、会計ソフトのwebマニュアルの中では

今のところfreeeがわかりやすさで勝っているように感じます。

検索に慣れるまで、多少の努力は必要かもしれませんが、

会計ソフトのマニュアルとしてはイノベーションだと思います。

とはいえ、それでも充分難解ではあります。

Twitterなどでは、ハッシュタグで「#freee塾」を付けて、

若い税理士のひとたちが疑問や発見をガシガシ発信しています。 

読んでるとたのしい気分になります。なりませんか?

たのしいとか、なんとなく好き、というのはとても大事です。

その印象がソフトとの大切な相性だと思うので、

ソフトを選ぶ際に参考にしてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました