マイフェイバリットNPR Music Tiny Desk Concert(前編)

YouTubeのミュージックコンテンツに、

NPR Music Tiny Desk Concertというのがあります。

アメリカのラジオ局NPRのわりとせまいオフィスの一角で

ライブして、それを配信をしているプログラムです。

期待の新人から中堅くらいまでが出ている印象でしたが、

最近では大物もどんどん出るようになりました。

去年くらいからコロナの影響でしょうか、

オフィスを飛び出してHomeでも行われるようになりました。

お気に入りの記録も兼ねて、個人的に間違いないパフォーマンスをご紹介!

数が多いので前編と後編に分けますー。

前編はこの1年くらいにアップされたものからになります。

(順番は公開があたらしい順)

Justin Bieber: Tiny Desk (Home) Concert

ジャスティン・ビーバー!

歌うまい!うますぎ!顔が良すぎ!タトゥー入れすぎ!笑。

バックバンドもすごい。

1曲目のHolyはアンプラグドみたいなアレンジだとグルーヴが出ないのでは…

と思ったら、歌い方でちゃんと成立させてるし、

3,4曲目はもう怒涛のノリですわ。

こんなにすばらしい音をありがとうありがとう。

Kirk Franklin: Tiny Desk (Home) Concert

わたしクリスチャンなんですが、日本の賛美歌はどうしても苦手で…

ただアメリカには、クリスチャンミュージックという巨大なジャンルがあって、

ゴスペルもソウルもヒップホップもファンクもフォークもジャズも、なんでもあります。

母数が大きいので、宗教抜きでグッドミュージックがたくさんあります。

そんななか、ここ十年以上トップを走っているカーク・フランクリン。

ゴリゴリのゴスペルでひたすらノリノリ。

本人はほとんど歌わずに、合いの手をいれてあおるだけという、笑。

でも完全にこのひとの音楽。

音楽を聴くというより、エネルギーを投げつけられているような。

演奏も超一流。圧倒的圧巻。

Rick Ross: Tiny Desk (Home) Concert

リック・ロス!

最初の1音からやばい。

毛皮を敷いて王座に座って歌う、顔にイヴ・サンローランのタトゥー入ってる、

首に宝石の鎖を巻いている、ヒップホップのひとという感じですね。

R&Bやヒップホップは、アルバムだと打ち込みや低音の印象が強くても、

ライブだと生楽器なのでとても聴きやすくていいです。

歌も、演奏も、ラップも最高の最高で、

聴いてるとヒップホップはもうジャンルではなくて、

ただの現代の音楽のベースになっている感じがします。

わたしの世代の多くがギターを手にしたように、今はヒップホップなのかな。

後ろの変な声だすDJみたいなひとも最高。

Hayley Williams: Tiny Desk (Home) Concert

ヘイリー・ウィリアムス!

どうですかこの1曲目のかっこよさ。

さいきんのあたらしいロックは、男女半々か女性の方が多いくらいで、

ジェンダー関係なく、ロックは女性のものにもなった。

21世紀も、死ぬまでロックを聞きたいと思わせてくれます。

Chloe x Halle: Tiny Desk (Home) Concert

ビヨンセの秘蔵っ子の姉妹ですね。

別にそこまで好きなではなかったのですが、このライブは目が離せなくなってしまったわ。

才能のあるひとを、ものすごく鍛えて、プロデュースして、

それでこんなすごい音楽聴かせてくれるなら大歓迎だよねー。

クロエの声と衣装がめちゃくちゃ好き。

曲のアレンジも良くて聴いちゃうわー。

PJ Morton: Tiny Desk (Home) Concert

PJモートン。

このひと、マルーン5のメンバーだそうですが、

わたしはゴスペルのひととして出会いました。

去年出たこのゴスペルアルバムからのライブだと思います。

ライブだとよりエモいですな。沁みる。

酒がうまいー。

Ty Dolla $ign: Tiny Desk (Home) Concert

タイ・ダラー・サイン!

リック・ロスで書いたことと同じことを繰り返したい。笑。

このメンバーのケミストリーというか、

気持ちよすぎて笑い合ってる感じや、

アレンジ力がすごい。

こういう巨大な才能がゴロゴロしててヒップホップはいいなー。

BTS: Tiny Desk (Home) Concert

防弾少年団!

というかBTS!

いやあ、これすごいパフォーマンスじゃないですか。

再生回数もダントツの3700万回超え。

アジアの若者が、マイケルと同じ国で、世界を夢中にさせてるわけです。

ふるえるわー。

そしてたのしそう。

萌えるわー。笑。

Jacob Collier: Tiny Desk (Home) Concert

ジェイコブ・コリアー。

初めてみた時、MVでもないのにどうやってんの?ってなった。

バンドでのライブもあるけど、宅録マルチプレイヤーなので、

こっちが本来の姿(?)に近いからか、演奏も圧倒的に良い。

アルバムだとマニアック過ぎて若干とっつきにくさがあるので、

この方向でもっとやってほしいです。

Chika: NPR Music Tiny Desk Concert

前編の最後はチカ!

女性のヒップホップで、スキルがすごいのですが、

でも、これは歌心ですよね。

今のヒップホップがジャンルを超越しているというか、

歌であることが伝わるアーティストです。

ほんのりサブカル臭がするところもいいですよね。

ヒップホップ嫌いなひとに聴いてほしい!

タイトルとURLをコピーしました