四十肩の鍼灸・整体の支払いを医療費控除にするには

四十肩になってしまいました。

治療のために、鍼灸や整体に通っています。

自費治療で治療費もかさむので、

医療費控除になるもの・ならないものを解説します。

結論:決められた施術者から受ける「治療」は医療費控除の対象

指圧師や鍼灸師などの有資格者から受ける施術で、

「治療」だと示すことができるものは医療費控除の対象です。

施術を受ける前に、

施術者に医療費控除の対象となる施術なのかを確認し、

領収書に治療である旨を書いておきましょう。

決められた施術者は指圧師、鍼灸師、柔道整復師など

対象となる施術者は以下の通りです。

国税庁HPより

無資格者や、

アロマセラピーなどのここに書かれていない資格者の施術は

医療行為なのかが不明なのでNGです。

そのうえで、マッサージやハリ代が医療費になるのは、

施術が「治療」に該当する場合となります。

なにが「治療」なのかは意外とむずかしい

「治療」は一般的には病気や怪我を治すことですが、

具体的な判断は、病気や治療の解釈によってゆらぎます。

たとえば、

不正咬合のための歯列矯正は対象ですが、

美容のための歯列矯正は対象外です。

マッサージやハリの場合には、

体調管理で疲れをとるためだったり、

通常の肩こりや筋肉痛なら対象外ですが、

四十肩などの傷病の治療であれば対象です。

医師の同意書があれば治療だが、ない場合は個別判断

「医師が認めた」ならば治療であり医療費だ

というのが通達や判例にはあります。

医療の担い手として国が資格を与えた医師の

判断を基準にするわけです。

医師が書いた同意書があると、

鍼灸などの施術にも保険が適用されて、

本人負担が3割などで済み、

施術費も治療にかかる医療費として控除の対象となります。

(同意書については専門外なので詳しいことはわかりませんが、

 簡単にもらえるわけではないようです。

 医師が同意書の発行を拒否する傾向にあることや、

 安易に同意書を発行すると健保の医療費がかさむなど、

 いろいろな問題があり、むかしから国会でも議論がされているようです。)

同意書がない場合には、施術が治療だと示す必要があります。

方法は、個別に考えるしかありません。

わたしの場合であれば、

①整形外科で四十肩だと診断された

②有資格者のもとで、四十肩の治療のための施術を受けた

だから、これは治療であり、医療費控除の対象だと主張します。

対象外のものを誤って計上してしまわないように、

「医療費控除の対象となる有資格者であること」の確認をし、

「四十肩の治療費として」という但し書きの領収書を書いてもらい、

保管すれば安心ですね。

タイトルとURLをコピーしました