【インボイス】免税事業者の領収書はどうなる?

2023年10月から、インボイス制度が始まると、

領収書や請求書が変わると言われています。

免税事業者はどうなるの?とよく聞かれます。

結論は「今のままでOK」です。

ざっくりと解説します。

結論:今使っている領収書でOK

結論だけ知りたいというひとは、

ココだけ読めばあとは読まなくて大丈夫です。

今、免税事業者で、2023年10月以降も免税事業者ならば、

領収書や請求書の決まりに変更はありません。

そのため、今と記載内容を変える必要もありません。

よくある質問:免税事業者なのに消費税を記載したままでいいの?

例えば、今は1100円の領収書に、

「税抜1000円 消費税100円」と書いている場合。

2023年の10月以降は、

「税抜1100円」にしないとダメなんじゃないの?とよく聞かれます。

しなくて大丈夫です。

免税事業者は、消費税を納めていないので、

消費税分の100円は売上の一部になります。

これまでもそうでしたし、

2023年以降も同じです。

インボイスという制度は、

実は「売上側」の消費税は1円も変わりません。

「仕入側」が、

インボイスがもらえないと消費税が高くなるという制度です。

そして、免税事業者(=インボイスを選択しないひと)は、

直接はなにも変わりません。

…でも、得意先の消費税が高くなるので、

間接的に対応を迫られるという、

とてもイヤらしい制度となっています。

そもそも領収書に書くこと

そもそも、領収書には何を書くことになっているのか、

あらためて確認してみます。

むずかしい言葉で言うと、

今の領収書の決まりは、

「区分記載」請求書等と言います。

インボイスのことは、

「適格」請求書等と言います。

請求書「等」には領収書を含んでいます。

…これだけで読む気が失せますが。

インボイスを申請をしない事業者は、

「適格」の領収書は発行できないので、

これから先も「区分記載」の領収書を発行します。

「区分記載」の領収書に書くことは以下の5つです。

①「○○様」お客さんの名前(小売り店などは省略可)

②「○月○日」日付け

③「但し、○○として」品名など、内容

④「10%対象1100円、8%対象540円」税込価額(税率ごとに書く)

⑤「自分の名前」領収書の発行者

消費税は10%ですが、食品などは8%なので、

10%と8%を「区分」して「記載」する必要があります。

だから「区分記載」請求書等と呼びます。

「適格」の領収書は、④と⑤の書き方がちょっと変わります。

④「10%対象1100円、8%対象540円」

→「10%対象1100円(内消費税100円)、8%対象540円(内消費税40円)」

⑤「自分の名前」

→「自分の名前+登録番号T0000000000000」 

書き方は他にもあるので、あくまで基本的な例になります。

⑤はわかりやすいですね。

名前に登録番号を追加するだけです。

登録した「適格」な事業者が発行するから「適格」請求書等と呼びます。

④は、要するに「消費税額」を税率別に書け!ということです。

あれ?今でももらったレシートに書いてあるよ?

と思いますよね。その通りです。

消費税が10%に上がったときから、改正を見越して、

対応したレジを使っているところが多いからです。

ちょっとややこしい話になってしまいましたが、

とにかく免税事業者は、来年以降も、

領収書に書くことは今と変わりません。

北谷の観覧車がなくなりました。

最後にむすこと乗っておきたかったー。

タイトルとURLをコピーしました