グラストンベリー・フェスティバル2021配信レポ

沖縄に緊急事態宣言が出た23日、イギリスの音楽フェス、グラストンベリーの配信がありました。

自宅でグラストンベリーって、最高ですよね。

配信のフェスってどうなんだろうという思いもあったので、申込みから視聴の感想までレポートします。

配信の情報が流れてこない。

これは今回のグラストンベリーに限らず、すべての配信に言えることなんですが、

配信やるよーという情報がぜんぜん聞こえてこない。

コロナでイベントの配信が行われるようになったけど、事前に知ることができないから

いつも逃していて、誰かの投稿であとから知って、見たかったーとなります。

例えば山下達郎のライブ配信も、サンソンを聞いてないからぜんぜんわからない。

わたしはFacebookでNME Japanをフォローしていたので、グラストンベリーはそれ経由で知りました。

NME Japan - 洋楽を中心に最新ニュースとライヴ情報を伝える音楽情報サイト
イギリスの音楽総合サイト「NME.com」の日本版サイト「NME Japan」です。洋楽を中心に現地からの最新ニュース、現地のレビュー、ミュージック・ビデオ、セレブリティのゴシップ、ライヴレポートなど、音楽/ロックにまつわるあらゆる情報を提供しています。

でも、NME以外では情報を目にしなかったので、知らなくて見逃したひと多いのでは。

配信情報、誰かがうまいこと集約して発信してくれないものか、

それとも自分が情報の流れにいないだけなのか、悩ましいところです。

今回のグラストンベリー配信の詳細

Glastonbury Festival | CREATIVEMAN PRODUCTIONS
サマーソニックを始めとするロック・フェス、国内外アーティストのライヴを企画制作するプロモーター、クリエイティブマンのオフィシャルサイト。

4月にチケットをオンライン購入。

メールが来て、視聴方法は前日にメールで連絡しますと書かれてました。

予定通り22日の昼12時に、配信先のURLとパスワードが届きました。

配信はブラウザ上の動画再生ソフトみたいなものでされていて、同時に1端末しかログインできない仕組み。

最初は、PCのChromeで見てましたが、わずかな音の遅延があって、

途中でiPadのChromeに変更したら直った。

PCのスペックはじゅうぶんだと思うので、Appleの方が相性が良い?印象。

チケットは3000円。

メジャーどころの出演者10組以上で、配信時間が6時間以上だから、格安に感じる。

みんなで見られるから、妻ものぞいてたのしんでたしね。

放映時間は、休日の夕方6時から。

これが良かったです。

海外フェスのYouTubeLIVEとかだと、時差で平日昼間とか深夜とかで、参加しにくい場合が多かった印象。

見逃し配信があっても、ただ続けて2回流すだけとかで、見たいひとが見られなかったり。

その点、今回は国に合わせて放映時間帯をずらしており、お酒も飲みながらゆっくり見られました。

グラストンベリーの出演者と演出

出演者とタイムテーブルはこんな感じ。

18:00 WOLF ALICE
18:25 MICHAEL KIWANUKA
18:55 GEORGE EZRA
19:05 IDLES
19:30 HAIM
20:05 COLDPLAY
20:50 DAMON ALBARN
21:35 JORJA SMITH
22:05 SPECIAL GUEST(The Smile)
22:35 KANO
23:00 DJ HONEY DIJON FF ROISIN MURPH

各出演者の合間に、ポエトリーリーディングとかがあって、

PJ HarveyやPULPのJarvis Cockerも一瞬出てました。

映像は、グラストンベリーの会場である草原で撮ってました。

前半は昼間に、後半は夜に撮って、時間の流れを作っていました。

いわゆるステージではなく、出演者ごとにシンプルなセットを組んで演奏する感じで、

スタッフが遠巻きにいるだけの無観客収録。

ひとつ良かったのは、編集はされてるけれども、ライブ自体はほぼ一発録りという感じで、

合間のMCやチューニングもカットせずに、ライブ感を演出してました。

ベストアクトはハイム

大好きなマイケルキワヌーカが見られたのは嬉しかった。

グラストンベリーはロックという印象があり、アイドルズやヘイムはほんとに良かった。

特にハイムは、いつもの超ロックな印象のライブではなく、

Haim performs Fleetwood Mac's "Oh Well" live at T in the Park – BBC

これ最高だけどこういう感じではなく、アルバム寄りの落ち着いた雰囲気ではじまって、

それでもグルーヴと3人のケミストリーが圧巻でした。

楽器を入れ替えて、セットも移動したりして、なんというかレディオヘッドがやっていたことを

さらっと消化しつつじぶんたちの音で、今のロックとしてほんとに良かったです。

いちばんの収穫はKANO

最後のDJは踊り足りない人向けのものだと思うので、実質的な大トリだったKANO。

UK発祥のヒップホップであるグライムのアーティストで、わたしは今回初めて知りましたが、

アルバムもライブも素晴らしくて、今回いちばんの収穫でした。

たとえばこの曲、

Free Years Later

直近のアルバムのオープニングトラックなんですが、ライブでもやってました。

これ、元ネタはSadeの「Pearls」のサンプリングなんですが、

Sade – Pearls (Audio)

曲の雰囲気は同曲をサンプリングしたASA-CHANG&巡礼の「花」の方に近くて、大好き。

Hana / Asa chang & Junray

ライブパフォーマンスも文句なしでした。

トム・ヨークの新プロジェクトのThe Smileは、スリーピースのレディオヘッドという印象でした。

アルバムで聞いたらまた変わるかもしれないので、音源を待ちましょう。

ジョルジャ・スミスはバンドのギターとドラムとゲストが良く、声の良さが際立ってました。

その他、全体的に良かったですが、あえて苦言を述べるなら、

コールドプレイは演出にお金かけすぎ、デーモンアルバーンは間延びしてました。笑。

この夏は世界中のフェスが開催を続々決定しているので、

配信も充実することを期待して緊急事態宣言を乗り切りましょう~。

タイトルとURLをコピーしました