マイフェイバリットNPR Music Tiny Desk Concert(後編)

後半いきましょう~。

順序は前半と同じく、公開の新しい順です。

Jordan Rakei: NPR Music Tiny Desk Concert

ジョーダン・ラカイ!

ソウル系で、ライブ聴いてアルバムの方が良いと感じるひとと、

ライブだとさらに良いひといますが、このひとは後者。

ライブも緻密に組み立てつつ、生のグルーヴがしっかり伝わってきて気持ちいいです。

プログレッシブに、ノリが途切れず曲がつながっていくところとか、いいです。

Masego: NPR Music Tiny Desk Concert

タイニーデスクで知ったミュージシャンも多いです。

マセゴもそのひとり。

このひとの人柄が空気や音楽から伝わってきて、愉快になります。

ギターの女性が誰かはわからないんですが、すごくいい。

1曲めのアルペジオと、最後の曲のソロ、いいです。

このひとのギターがもっと聴きたい!

Blood Orange: NPR Music Tiny Desk Concert

ブラッド・オレンジ!

いきなりのポエトリーリーディング、かっこいい~。

ピアノ、キーボード、ホーン、コーラスという編成ですが、

ギター弾きながらラップしたり、歌ったり、

うまいこと世界観も出ていて、飽きさせない。

Mac Miller: NPR Music Tiny Desk Concert

マック・ミラー。

見るとちょっとかなしくなっちゃいますけどね、

亡くなるすこし前のライブです。

遺作と死後に出たアルバムは両方いい、惜しいです。

ライブももちろんよくて、ゲストがサンダーキャットで、

同じメンバーで、後日タイ・ダラー・サインが追悼のライブもやってます。

ヒップホップのミュージシャンは、亡くなるひと多いですよね。

再生回数6300万回。必見。

Khalid: NPR Music Tiny Desk Concert

カリード。

アルバムはそんなに聴かないし、

アコギ一本と歌という編成もあまり好きではないのに、

それでもこのライブには説得されてしまう力があります。

しみじみいい。

やっぱりライブだと人柄が伝わるのでしょうか。

Tom Misch: NPR Music Tiny Desk Concert

トム・ミッシュ。

星野源と松重豊もおげんさんで言ってたけど、ギターがすごーくうまいよね。

2曲目のソロとか、迫るものがある。

どの曲もサラッと始まって、中盤から盛り上げてくる力量がすごい。

生で見てみたいわ。

Superorganism: NPR Music Tiny Desk Concert

スーパーオーガニズム。

若くて生意気でハッピーでカラフルでかわいくてたのしい。

アカデミックで、パンクで、美しいごちゃごちゃ。

高校大学の頃にみんながやりたかった音楽だよねー。

Tyler, The Creator: NPR Music Tiny Desk Concert

タイラー・ザ・クリエイター!

これは、NPR歴代1,2に好き。

なんだこのすばらしい音楽は!という衝撃。

この頃のヒップホップは、チャンス・ザ・ラッパーとかもそうだけど、

うつくしい音とメロディーが、そのまま具現化してるというか、

表現がロックとは違う意味でどこまでも自由で、

とにかくこの周辺の音楽を聴かなければ!という強烈な気持ちにさせられる。

渋谷陽一さんも言ってましたが、

2010年代から、ケンドリック・ラマーを始めとしたヒップホップを

同時代に体験できている今は、

自分が産まれる前にレッド・ツェッペリンとかビートルズを聴いていた人たちとおなじだと。

それくらい素晴らしい音楽がここにはあります。

たとえば、2014年のグラミーで、ケンドリック・ラマーがイマジン・ドラゴンズと

曲をマッシュアップして共演した映像。

イマジン・ドラゴンズ & ケンドリック・ラマーの"Radioactive (Live at The Grammys, 2014)"
ミュージックビデオ - 2014年 - 5:36

うーん、今見てもかっこいい。

Thundercat: NPR Music Tiny Desk Concert

サンダーキャット。

これはなんていうか、6弦ベースをかかえて

ウニョウニョした音を出しながら、ソウルフルに歌う

ピンクのひとから目が離せない感じです。

あたらしい音というのは、それだけでとても気持ちが良い。

客演もめちゃくちゃ多かったので、

このひとの音が2010年代という時代の音でもある。

Tash Sultana: Tiny Desk Concert

タッシュ・サルタナ!

来たー!

2018年のマイベストアーティストでしたね。

このひとは見てのとおりループで音楽を奏でるのひとなので、

ライブで伝わる情報が多く、アルバムより先にライブ映像で聴きました。

今もこのスタイルみたいですが、この頃のフレッシュさはこのときだけ。

最初、ジミ・ヘンドリックスの再来みたいな触れ込みで宣伝されたのは

プロモーションの失敗で、このひとの良さは表現の必然性にあると思う。

ギターもすごいけど、キワモノにならないで、

ソウルフルないい曲になっていてすごい。

だから、2018年のスタジオアルバムもすごくよかった。

今年出たニューアルバムでは、模索している印象を受けたけど、

まだまだ先がたのしみです。

Anderson .Paak & The Free Nationals: NPR Music Tiny Desk Concert

アンダーソン・パーク!

歌いながらドラム叩くひとかっこいい!

叩きながら歌うひとって、

カレン・カーペンターとか、

Karen Carpenter – Drummer/Singer

リヴォン・ヘルムとか

The Band  The Night They Drove Old Dixie Down

他にもいっぱいいると思いますが、みんなかっこいいよねえ。

アンダーソン・パークは歌と曲がやばいくらい気持ちいいのですが、

そこに自身のドラムが絡むともういちだん気持ちいいわけです。

プリンスのギターみたいなもんです。

ブルーノ・マーズと組んだシルクソニックもいい感じですよね。

James Blake | NPR MUSIC FRONT ROW

最後は、ジェイムス・ブレイク。

8年前のNPRがらみのライブですね。

オープニングで、ジェイムス・ブレイクのすごみが、ドーン!

アルバムとはちがった激しさがちょうかっこいい。

8年前衝撃でしたー。

レディオヘッドの2000年KID Aのころの当時死ぬほどかっこよかったライブを

10年経って次の次元に進ませてくれた気持ちになりました。

Radiohead – Everything In Its Right Place, Live Paris 2001

NPRしばりで書くのたのしかった!

NPRの動画の数は2000本以上あるので、

もちろん観てないのいっぱいあります。

ライブ配信チャンネルと言えば、KEXPもあるので、

それもいつかおすすめを書きたいわ。

タイトルとURLをコピーしました