【税理士向け】「freee申告」は「freee会計」専門の申告ソフト。「セルフ申告」は代理送信不可。

freeeの申告ソフトである「freee申告」について、

導入を検討したのですが、

ソフトの立ち位置について誤解していた点があったので、書いておきます。

「freee申告」は、freeeの申告書作成ソフト

freeeの申告書作成ソフトである「freee申告」には、

「法人税」「所得税」「年末調整/法定調書」の3つの機能があります。

クラウド型税務申告ソフトで業務をラクに | freee申告
「業務の実行〜記帳〜決算〜申告」がクラウド上でシームレスに連携し会計事務所の業務がますます効率化するワンストップサービスを実現。個人申告・法人申告・年末調整の3大申告の電子申告にも完全対応。

「所得税」は確定申告書作成コーナーとe-Taxソフトを使っているので、

「法人税」の導入を検討しましたが、思い違いをしていたことがありました。

「freee申告」は「freee会計」を使用している会社の申告書しか作れない

わたしが今使っている申告ソフトは、

会計ソフトの会社が違っていても、申告書は作れました。

同じ会社の会計ソフトを使っていると、データが連携してくれるので便利ですが、

違う会社の会計ソフトであっても、もちろん申告書は単体で作れます。

つまり、紙の決算書に基づいて申告書が作れるイメージです。

「freee申告」はそうではありません。

「freee会計」を使っている会社の申告書しか作れません。

freee会計の専門申告ソフトです。

今までは、「税理士事務所で使う申告ソフト」は「1つ」選ぶイメージでした。

選んだソフトで、支援先すべての申告書を作るわけです。

しかし、freee申告ではfreeeを使っている支援先の申告書しか作れないため、

freee専門の税理士でない限り、

freee申告を使うなら、申告ソフトは事務所「2つ」必要だということになります。

freeeの「セルフ申告」では代理送信ができない

申告ソフトを2つ購入するのは、事務所としては高くつくことになります。

freeeには、会社が税理士に依頼をせずに、自分で法人税申告をする

「セルフ申告」という機能のソフトもあります。

はじめての法人税申告を自分で | クラウド会計ソフト freee会計
.ncms-frm-root .ncms-mod-full-width2__heading, .ncms-mod-full-width2__heading { font-weight: 60...

それなら、freee会計を使っている支援先だけ、

このソフトを導入すれば良いのかと思ったのですが、違いました。

「セルフ申告」は、税理士による代理送信ができません。

現実的に、税理士事務所が使うことはできないということになります。

自社の会計ソフトでしか申告書が作れないというコンセプトは、

最初は驚きましたが、ソフト単体で申告書作成の効率化を考えた場合、

有効な戦略なのかもしれません。

2つの申告ソフトを使い分けることに抵抗感はありますが、

実際にfreee申告を使いたいという気持ちにもなりました。

なお、わたしは現時点ではfreee申告を導入しておらず、

上記の内容は、資料と営業担当者と確認した内容に基づいたものとなります。

タイトルとURLをコピーしました