【インボイス】振込手数料の消費税と手数料を差引く慣習への対応

先日、お金を受取るときに、

振込手数料を誰が払うのか、

というブログを書きました。

法人の場合は支払う相手に負担してもらい、

個人の場合は差し引いて振込んでもらってこちらが負担する、

という考え方を紹介しました。

しかし、この広く行われている

「振込手数料を差し引いて振込む」というやり方は、

インボイスだと手続きが、オニのように面倒になります。

支払い人が負担する場合の、振込み手数料のインボイス

手数料を支払い人が負担する場合。

仕訳だと、以下のようなイメージです。

【支払い人】

未払金10000円/預 金10220円

手数料 220円

【受取る側】

預 金10000円/売掛金10000円

手数料220円には消費税が20円含まれています。

振込手数料を負担した支払い人は、

手数料220円のインボイスが欲しいですよね。

具体的には、以下がインボイスになるでしょう。

【銀行の窓口で振込んだ場合】

インボイス=「振込依頼書の控え」など

【ATMから振込んだ場合】

インボイス=「不要」 

※自動販売機特例により不要

【ネットバンクで振込んだ場合】

インボイス=未確定

※ダウンロードする「振込明細」などがインボイスになる等、

 電子インボイスでの対応が予想されます

要するに、支払い人が手数料を負担する場合は、

今と運用はほぼ変わりません。

受取り人が負担する場合の、振込み手数料の処理

代金を受取る側が手数料を負担する場合、つまり、

支払い人が振込み手数料を差引いて振込んだ場合です。

これがややこしくなります。

仕訳だと、以下のようなイメージです。

【支払い人】

未払金10000円/預 金10000円

【受取る側】

預 金 9780円/売掛金10000円

手数料 220円

受取る側は、手数料を負担しているので、

手数料220円のインボイスが欲しいですよね。

でも、インボイスを持っているのは支払人。

どうするのか?

この場合、受取る側の選択肢は3つあります。

【方法①】

受取る側が、支払い人から、

1⃣ 振込依頼書などのインボイスと

2⃣ 立替金精算書など

を受取る。

理屈としては、受取る側の費用(手数料)を、

支払う側が立て替えて払っていると考えて、

支払う側が支払時に立替えた220円を、

支払時に買掛金と精算したイメージです。

実際には、受取る側が支払い人に向かって、

「振込のインボイスと、立替金精算書をください」

とは言えないでしょう。

そのため、この方法は現実的ではないと見られています。

【方法②】

受取る側が、手数料の220円を値引きしたと考えて、

支払い人に返還インボイスを交付する方法。

仕訳にすると以下のイメージです。

【払う側】

未払金10000円/預 金10000円

(手数料  220円/仕 入  220円)

※実際の仕訳ではなく、イメージです

【受取る側】

預 金 9780円/売掛金10000円

売上値引220円

これが現実的だと言われていますが、

私は賛成しません。

受取る側が手数料を引かれて、

さらに、返還インボイスまで作成しなければなりません。

それはひどいと思います。

【方法③】

何もしない。

その代わり、受取る側は振込手数料の仕入税額控除をしない。

受取る側ががんばって手続きしたところで、

振込手数料の消費税額は微々たるものです。

だったら、手数料にかかる消費税を捨てた方が、

よほど効率的ではないか、という考え方です。

この方法が良いと思います。

(この方法、受取り人はそれで良いと思いますが、

 支払い側には、

 1⃣ 受取り側から受け取った10000円分のインボイス

 2⃣ 銀行から受け取った220円分のインボイス

 合計10220円分のインボイスが手元に残ります。

 支出したのは10000円だけです。

 支払い人が税務署から、

 「10000円のインボイスは、9780円の間違いなので、

  誤っておりインボイスとは認めません」

 と言われるリスクはないのか、もやっとが残ります…)

対応はいろいろありそう

振込手数料を受取人が負担するのが

一般的な業界もあるようです。

その業界が、支払い人の作成する

仕入明細書や出来高精算書などを

インボイスとしているならば、

それで対応もできるかもしれません。

でも、支払い人の方が力が強く、

受取り側が負担したくない手数料を負担していたのならば、

インボイスを契機に、慣習を変えるチャンスです。

わたしはサービスとして手数料を負担しているので、

悩んでいます。

今考えているのは、

双方で振込手数料相当額を〇〇円と決めてしまい、

最初から織り込んで請求しようかなと考えています。

タイトルとURLをコピーしました