宮城島のカフェもやってるおいしい海ぶどう屋さん

妻の知人の会社からいただいた海ぶどうが、

マジでかっこよかったので紹介したい。

海ぶどうなのにお洒落。

ギフトパック送りますよ、という連絡があって、

宅急便が届きました。

箱を開けると…

あらステキ。

加工なし。

キレイだわ~。

海ぶどう、おいしいですよね。

しかも、すごくお洒落でいい印象。

スペシャルな海産物感があって、

良いものをもらった、という気持ちになります。

海ぶどうソルトは島どうふにかけたらおいしそう。

アーサ、パッケージが心地いい。

これぜんぶ海産物なのに、常温なんですよ。

クール宅急便じゃないんですよ。

海ぶどうは冷蔵したらダメだから、考えたらあたりまえだけど、

送るのが手軽で、そこもすごい!と思った。

海産物なのに、箱を開けてもぜんぜん生臭くないです。

新鮮な海ぶどうはほぼ無臭で、鼻を近づけると、

植物のような、さわやかな緑の香りが。

考え抜かれた商品なんだな、と思いました。

海ぶどう+ごま油

さっそくいただきました。

今まで海ぶどうと言えば、ポン酢か青じそドレッシングでしたが…

”たのしみかた”を書いた紙が。

そのままかあ…と疑いながら(失礼)食べましたが、おいしい!

スーパーとかで買う海ぶどうより、塩味が強い。

しょっぱいというより、海の味がする。

おいしい海の味。

これは確かにごま油が合いそう。

合うわー。

いつものようにポン酢でも食べてみたけど、

しょっぱくなりすぎたので、ただのレモン汁につけたらおいしかった。

海ぶどうの養殖に、離島の浜辺でCOFFEE

この会社は、沖縄本島と海中道路でつながっている宮城島の浜辺で、

養殖をしていて、波風COFFEEというカフェも併設しているそう。

キャンプ場みたいな場所もつくっていくらしい。

こんど子どもと遊びに行こうと思います。

休日のおでかけって、

上質なものを爽やかにつくっているひとや場所に行くのがたのしいですよね。

そういうところで払うお金には、商品以上の価値を感じます。

沖縄にはそういう場所がたくさんあります。

ここもきっとそういう場所なのでしょう。

宮城島に行くたのしみが増えました。

あしたはホームページに載ってた海ぶどう丼をつくって食べるぞ!

わーい。

波と風と合同会社 -

沖縄はやっと梅雨明け。

ことしはながかった!

緊急事態宣言もはやく明けるといいな。

洗濯できた!
タイトルとURLをコピーしました