超つかえる動画関連のChrome拡張機能 ①再生速度の変更 ②音ズレ修正

ブラウザのメインはChromeで落ち着いてます。

拡張機能が便利なことも大きな理由です。

特に便利さを実感しているふたつの拡張機能を紹介します。

Chromeの拡張機能とは

ChromeはGoogleが出しているブラウザ(Webを見るソフト)です。

パソコン用のChromeには、機能を追加できるプログラム=拡張機能があります。

ネットを見るときに、好きな機能をカスタマイズできます。

機能自体はバラバラで、例えば、

Webページをワンクリックでスクショできたり、

ワンクリックでEvernoteに保存できたり、

普段「できたらいいなあ」と感じていることを解消する、

かゆいところに手が届く系の機能が多いです。

拡張機能は、Chromeのウェブストアで基本的に無料で

ダウンロード、インストールして使えます。

再生速度が調整できない動画を倍速で見られる拡張機能

YouTubeなど、速度調整ができる再生ソフトはいいのですが、

例えば、Facebookライブの動画や、

埋め込まれた研修動画など、

速度調整ができないものも多いです。

そのような動画をChrome上で見るときに、

速度調整ができるようになるのが、

Video Speed Controllerです。

Video Speed Controller
Speed up, slow down, advance and rewind HTML5 audio/video with shortcuts

インストールすれば、

ほとんどの動画に速度調整の表示がでるようになります。

動画からの情報収集が一般的になった今では、

この機能なしではもうやってられません。

一度使ったら、なしでは過ごせないくらい便利です。

YouTubeの音ズレを1000分の1秒単位で修正できる拡張機能

これは、音楽好きの方には超マストの機能です。

YouTubeの音ズレ、原因は色々ありますが、

原因のない動画そのものの音ズレもかなりあります。

余裕のあるスペックで、快適な通信環境であっても、

ごくごく短い音ズレはあります。

YouTubeでライブ映像を観るひとはわかると思いますが、

ドラムの演奏などで、スティックの動きと音が一致しないことは

ほとんど全部と言っても良いくらい、めちゃくちゃ多いです。

たとえば、これは私の大好きなバカテクインストバンドCHONのスタジオライブですが、

ドラムの叩くタイミングと音、合ってなくないですか?

このズレって、特にこういう音楽だと致命的に気になります。

CHON on Audiotree Live (Full Session)

この音ズレを直す機能は、今のところYouTubeにはありません。

しかし、ChromeでYouTubeを開いて観るならば、

Chromeの拡張機能で解決できます。

それが、YouTube Audio/Video Syncです。

YouTube Audio/Video Sync
Fix wireless audio streaming delay for YouTube

この機能を追加すれば、

1000分の1秒単位で、映像と音のタイミングを「早く/遅く」することができます。

さっきの動画なら、0.2秒程度早めるだけで、ピタッとした感じになります。

弱点はパソコン用しかないこと。

私の音楽を再生するメイン機器はiPadですが、

残念ながらiPad用のChromeにはまだ拡張機能がありません。

Chromeの拡張機能が使えるようになるか、

もしくはYouTube自体に追加の機能が付くのか、

それともiOS周辺で似たような機能が出てくるのでしょうか。

沖縄は暴風警報も出て、今夜は台風のまっただなかです。

夜の台風は心細い気持ちになりますね。

昼だとテンション上がって、わざわざカラオケやボウリングに出かけたり、

昼から家でビールを飲んだりするのですが。笑。

タイトルとURLをコピーしました